vol. 259 2019年7月12日の練習

今日の練習は『基本練習調性=A』『コラール・ グラツィオーソ』『坂の上の雲よりStand Alone』『カーニバルのマーチ』でした。

せせらぎコンサートを終えて初めての金曜日ですがフルバンドでの依頼演奏が2ヵ所決まっていて早速本番に向けての練習が始まりました。Stand Aloneは好きな曲で以前にも演奏をしたことがありますが久しぶりに吹いてみると音が取りにく感覚を取り戻すためにはしっかりと個人練習が必要です。カーニバルのマーチはどんな曲なのか忘れていましたが演奏してみると、とても印象に残っているコンクール課題曲でした。

お客様に楽しんでいただけるようしっかりと練習します。

ホルン やまざき

「七彩すまいる館」様 依頼演奏

日時: 2019/7/28(日) 15:30-
会場: 社会福祉法人 洛西福祉会 七彩すまいる館
編成: 混成五重奏(Tp.×2, Hr., A.Cl., Tu.)
  • 上を向いて歩こう/中村八大(金山徹 編)
  • 青い山脈/服部良一(高橋宏樹 編)
  •  津軽海峡冬景色/三木たかし(高橋宏樹 編)
  •  川の流れのように/見岳章(三澤慶 編)
  • (アンコール) 青い山脈/服部良一(高橋宏樹 編)

vol. 258 2019年7月5日の練習

7月5日(金)今日がせせらぎコンサートに向けた練習最終日となりました。

出来栄えは?・・・後は本番の集中力と迷わないこと。でしょうか。過去この2つでミスっていたように思います。

ここ数年、コンサート後の録音を聞いてみると、思ってたよりいい演奏してたりするのです。(練習より以上?)

さてさて、今年はどうでしょうか・・・・

トランペット かめぼし

最近の投稿

注目

もっと見る

vol. 257 2019年5月31日の練習

アマチュアが集って活動している楽団ですから、誰しも仕事や家庭の都合で練習に参加できない日があります。
この日は偶々正指揮者の方がお仕事の都合でお休みで、僭越ながら練習指揮者という役目を頂戴している関係で私が指揮を振らせていただきました。
そんな私も最近はコンスタントに練習に参加できず、ご迷惑をお掛けしています。

2003年に入団した当時は私はまだ学生でしたので、時間があり余っていました。
練習はほぼフル参加でしたし、練習後は必ずご飯とお酒に連れて行ってもらったものです。
アンサンブルも盛んに結成していましたし、プロ・アマ問わず他団体の演奏会にも足繁く通いました。
そんな生活スタイルが当たり前だと思っていたのですが、あれから16年の歳月が流れ、なかなか思うに任せぬことが多くなってきました。

それでも、無理を押してでも何とか練習に参加し、大なり小なり本番を迎えることが気持ちの安定に繋がっていると感じます。
お酒とともにどっぷり音楽に浸かれればよいのですが、そうも言っていられないですし、音楽(や酒)と同じくらい大事にすべきものもあります。
うまくやりくりしながら、これからも永く音楽に関わっていければと思っています。

なんてことを想いながら指揮させていただいた、プレミアム・フライデーでした。

チューバ こんどう

vol. 256 2019年5月24日の練習

今日の練習メニューは

基本練習調性=G
コラールグラツィオーソ
第二組曲

でした。

かわいらしくコロコロした第一楽章。のんびりしつつロマンチックな第二楽章。陽気で明るい第三楽章。一気に闘牛場の場面のムードに引き込まれる第四楽章。それぞれの楽章にはいろんな魅力がつまっています。

ただ、その魅力を感じながら、のびのび吹けるほど、余裕がないのは正直なところでして。。
四楽章のクラリネットソロも、だいぶ緊張します。

でも、みなさんの励ましやアドバイスの言葉を力にして頑張りたいです。

せせらぎコンサートまであとわずか。いろんなところを「つなぐ」役割をしっかり果たしたいと思います♪

クラリネット    よこぜき

お知らせ・ご案内

注目

団員募集中

現在せせらぎでは、以下のパートを急募中です。

  • オーボエ
  • トロンボーン
  • ユーフォニウム
  • チューバ
  • パーカッション

詳しくは団員募集のページをご覧ください。
もちろんその他のパートも募集中です。せせらぎの活動に興味をもたれた方、一緒に演奏したいと思われた方、 ちょっとせせらぎの様子をのぞいてみませんか?

依頼演奏募集中

吹奏楽団せせらぎでは出張演奏のご依頼も随時承っております。
遅くとも3か月以上前に日時・行事内容等をご相談ください。
詳しくは依頼演奏(出張演奏)のページをご覧ください。

vol. 255 2019年5月17日の練習

基本練習調性=D
『コラール・グラツィオーソ』
『バイバイ・ヴァイオレット』

久しぶりに、ホルンパート全員集合した17日の練習はバイバイ・ヴァイオレットでした。
練習を始めた頃はこの曲を全く理解ができず戸惑いましたが、今は大好きです。

私事になりますが、今年に入ってから娘が体調を崩し入退院を繰り返していました。
脳に関する病気で、私から見ると日によって時間によって性格や年齢を大きく移動している感じ。
バイバイ・ヴァイオレットが娘のそのときの状況とリンクしているように感じて、そういう意味で気に入っています。

演奏会で初めて聞く人はどう思うんだろう。
驚き?たじろぎ? 生演奏ならではの息や音を感じてバイバイ・ヴァイオレットの世界観を覗いて頂ければと思います。

追伸
娘は良くなり落ち着いた通常の日々を送っています。
心配してくださった皆さん、温かい言葉やご対応をありがとうございました。

ホルン こばやし